Project

General

Profile

Actions

第5回ふりかえり

Keep(良かったので続けたいこと)

  • 司会から、質疑応答を参加者に促したので、リラックスした雰囲気になった
  • 参加者・スタッフ全員のふりかえりが良かった
    • 笑顔を誘ったり、気づきや共感を得たり、積極的な宣言があった。
  • 最後の「ポンポン」はとても良かった.あれで懇親会へくのが,更に楽になったのではないか?と感じた.盛り上がりすぎて?2次会まで行ったが.(町井談)
  • 学会タイマーで発表時間を確認できた
  • 事前に勉強会のアジェンダをワークショップ!と絞れた事。参加希望人数は少なくなったが、やる気のある人が参加することで、連絡無し欠席率が20%まで押さえられた。
  • IIJ様の会場を借りれた事。
  • ATND から partake に移行できたこと。
    • リマインダが開催時間の24時間前に自動で届いた
    • システムとして安定していた。

Problem(問題なので改善したいこと)

  • 3人の「島」はやはりーダーシップ不在になりやすく,議論が活発になりにくい.今回は後半から合体させたが,次回はもっと配慮しよう.(町井談)
  • 「イシュートラッカーでイシューを発見する」という超越的?な課題にしてみたが,真意がすぐには伝わらなかったようだ.想定したマネジャーはPM
    だったが,そもそもPMの経験者って,少ないはずだ.なので,次回は事前の予告をわかりやすくしようと思った.それに,かならず事前の予告を見るよう,PARTAKEにも注意を促しておこう.加えて,私自身もブログで考え方を披露しておこうと思った.(町井談)
  • ワークショップ形式にすると,懇親会の参加者が増えるのではないか?という感じを持ったので,次回はそれを想定しよう.また告知にもそう書いておこう.(町井談)
  • プレス関係の事前確認ができなかったこと。(プレス関係の場合、IIJ様の広報との調整が必要だった。)
    • 日経システムの方のLT依頼に、個人参加かプレス(取材)としての参加か事前確認をしておらず、twitterで確認しようとしたが捨てアカウントだったため連絡が取れず、飯田さんにフォロー頂いた。※結果的に取材ではなく宣伝でした。
  • partake の主催者情報を自分のアカウントで作成してしまったこと。(編集者には追加したが、 shinagawa.redmine のアカウントで作成すべきだった。)

Try(次回にチャレンジしたいこと)

  • アイスブレイクを積極的に取り入れる
  • 一度,プラグインをワークショップで作る,という課題(=演習)をやりたい.もちろん,それなりの環境が必要になるが,反響はとても大きいだろう.(町井談)
    • ⇒それだとワークショップというよりハンズオンですね。むしろハッカソン?
  • スタンプラリー用のシールが余っていたので配れば良かった。

Updated by 内藤 淳 over 7 years ago · 4 revisions