プロジェクト

全般

プロフィール

第15回ふりかえり

Keep(良かったので続けたいこと)

  • [募集] connpass 募集人数について、各会場の人数計算ベースで、参加人数を調整した。 #856
  • [受付] メイン・サテライト1・サテライト2の会場別の会場案内票を色別で作成し、並列での受付対応に向け準備した。 #856
  • [Youtube再生LT]一応行えた。遠隔地の方の登壇機会を増やせるので有用と思われる。
  • [受付]参加者一覧表(印刷)に戻したところ、一人あたりのチェックが早くでき、行列にならなった。 →今後も続ける。
  • [ライブ配信] 複数人体制だとその場の気付きや確認、とっさの対応を手分けできて良い(さやかさん いつもありがとうございます!)
  • [運営]休憩時間を10分間は確保するようにして良かった。男子トイレが混んでいたため。
  • [運営]スタッフ名札はよかった。
    → スタッフの増加により数が足りなくなっているので、次回に向けて名札を増やすことを検討する。
  • [海外のコミュニティとの連携]Youtubeによる録画と、事前に日本語訳の字幕をつけられたため、参加者にも伝わるコンテンツができた。

Problem(問題なので改善したいこと)

  • [Youtube再生LT]一応行えたが、多少問題あり
    スピーカ設置位置ずれで、音声が最初入っていなかった。確認体制必要。
    (スピーカ/マイク経由ではなく直接つなげれば回避できたが、PC音声出力接続の問題は発生する。)
  • [Youtube再生LT]字幕の表示移動に手間取った
    海外の方のLTで字幕が必要な場合は、s
  • [Discord中継]十分な動作検証(実際のスピーカ利用)が行えないまま本番突入し、結果的に長時間のハウリングを招いた。
    次回以降実施する場合は、運用を再定義する必要あり(接続者は室外で話す、ヘッドセット利用)
    → Discord中継について、個別チケット(#861)もあったがメインのチケット(#843)でも議論されており、チケット運用は大きな話題は専用チケットにまとめるべき。
    → 履歴での議論は良いが、結論はチケットの説明欄に反映して全体像を理解しやすくすべき。
  • [Discord中継]同時通訳の内容については、当日会場からのQ&Aを受け付けたこともあり、言語の問題、聞きたいことの内容のリアルタイムのコミュニケーションに問題があった
  • [受付]受付で懇親会の費用を一人分もsらい損ねていた。
    →原因は受付が「勉強会のみに参加」「勉強会のみに参加+懇親会と勉強会の両方に参加」の2列に分かれてしまい、結果的に後者の方が短期間での対応量が多くなったため、と思われる。
    →(対策案1)
    受付を「勉強会の受付(出欠確認)」「懇親会の会計」の2列にする。(懇親会の参加者は2回並んでもらう)
    →(対策案2)
    領収書を懇親会の参加者全員に渡す。

     →当面は対策案1のみとする。
  • [懇親会領収書]connpassのアンケートに、領収の但し書きが空白のままのケースがあった。
    →(対策)アンケートに『「但し書きが空白の場合は「懇親会費用として」と記載します』と記載する。
  • [受付]Youtubeに映りたくない人の案内を事前に用意しておく。
  • [Twitter] 会場のTwitter表示にタイムラグがあった。スマホの公式アプリでも反映が遅かったので、もはやTwitterそのものがリアルタイムチャット用途に合わないのかも。
    → Discord や マストドンなど別システムとの併用を検討していく。
    → Discord で記入→ twitter へ自動反映などができればリアルタイム性を確保しつつ、情報拡散もでき、かつ、2重書き込みが不要になるが
  • [ライブ配信] ツイート表示がいまいち。リンク画像の表示が大きくて表示件数が少なくなる。時刻表示がされない(相対時間のみ)。などなど。
  • [ライブ配信] 会場カメラの映像がカクついていた。
  • [ライブ配信] akiko さんのLTが最後に入ったのが案内できていなかった(アンケート リモート枠より)
    →スタッフ間でも連携できていなかった。
    Facebook Messanger で akiko さんが来て、グループディスカッション後に登壇する旨共有すべきだった

Try(次回にチャレンジしたいこと)

  • [リモート参加] グループディスカッションをDiscordの音声窓でできると良いと思った。
  • [海外のコミュニティとのさらなる連携] Discordコミュニティの定期的なウォッチと、当コミュニティとの連携。