Project

General

Profile

Actions

第8回勉強会 » History » Revision 14

« Previous | Revision 14/38 (diff) | Next »
おがわ あきぴー, 04/14/2015 10:10 PM


第8回勉強会

redmine.tokyo の第8回勉強会を開催します。

メジャーアップデートの Redmine 3.0 が 2015/2/19 に公開されました。
Redmine 3.0 はインクリメンタルGCが導入されたRuby 2.2に対応するなど運用性能面で改善が期待されています。
今回は、Redmineチューニング事例の紹介を行う予定です。

また今回、前回と同じくオープンディスカッション形式のセッションを行います。
申し込み時のアンケートで下記について意見を募集していますので、ぜひご回答ください。

  1. Redmineをどのような用途で使っていますか。またはどのような用途で使えることを期待しますか?
  2. Redmineを使ってみた上での問題点、または、これからの利用を考えるうえでの懸念点。

日時

2015/05/16(土) 13:00~

場所

東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 41F

最寄駅

  • JR 「東京」駅 八重洲南口より徒歩2分
  • 東京メトロ銀座線 「京橋」駅 7番出口より徒歩4分
  • 東京メトロ銀座線・東西線 「日本橋」駅 A3出口より徒歩10分

※会場は株式会社リクルートジョブズ様のご好意でご提供していただいています。

申し込み

第8回redmine.tokyo勉強会 - connpass

※登壇者の方も登録してください。
※懇親会も合わせて、ご登録ください。

懇親会

第8回redmine.tokyo勉強会 懇親会 (夜の部) - connpass

内容

時間 内容 詳細 担当
12:30-13:00
(30分)
開場受付
13:00-13:20
(20分)
開会 会場の利用案内
アイスブレイク
オープニング、スポンサー協賛の説明
アンケート結果
13:20-13:50
(30分)
講演1 @g_maedaさん
( (株)ファーエンドテクノロジー)
13:50-14:50
(60分)
講演2 【タイトル】『Redmineチューニングの実際と限界』
 ~ 200万チケットでもサクサクなRedmineの作り方 ~
【概要】Redmineの活用シーンは大きく広がり、実業務に使える道具として急速に社会へ浸透しつつある。
 安価な導入費用はOSSの魅力の1つだが、技術的なサポートが無いまま利用規模を拡大すると、
著しい処理遅延やシステム停止などの障害によって業務に支障が出てしまう場合がある。
 本講演では、6年間に渡るRedmineの大規模運用事例を題材として、信頼性と安定性を維持する
取組みの「実際と限界」に焦点を当てる。
 どのような問題が発生し、どうやって解消したのか。
 各種設定、チューニング方法、性能計測方法を全て紹介する。
【運用事例】
 <実績値>
 2009年6月より6年間運営、350ユーザー、130プロジェクト
 15万チケット、3,000チケット発行/月、チケット完了率94%
 60リポジトリ、20,000コミット/年、主要画面の平均応答時間 0.1秒
 MTBF 6,000時間、MTTR 17時間、稼働率 99.7%
@akahane92さん
14:50-15:00
(10分)
質問&休憩
15:00-15:30
(30分)
講演3 @agilekawabataさん
( (株)アジャイルウェア)
15:30-16:30
(60分)
全体ディスカッション(試行) @tkusukawaさん
16:30-16:40
(10分)
質問&休憩
16:40-17:00
(20分)
講演4 "Redmine最新動向〜3.0の変更点と3.1について〜" @naitohさん
17:00-17:20
(20分)
LT
(5分×4枠)
LT1:@yohwadaさん
LT2:
LT3:
LT4:
17:20-17:30
(10分)
閉会

ハッシュタグ

#redmineT

Ustream

会場での注意事項・備考

■入館/退館について

調整中

■会場について

  • プロジェクタの投影にはVGAコネクタを利用可能です。
    Mini DisplayPort、HDMIなどその他の端子をご利用の場合は変換アダプタを各自ご用意ください。

協賛

株式会社アジャイルウェア
株式会社ジェネフィア

スタッフ

第7回のふりかえりからのKeepとTry

第7回ふりかえり

Updated by おがわ あきぴー almost 7 years ago · 14 revisions