Project

General

Profile

Actions

QA #300

open

特定の人の活動状況を追いたい(Redmine本家含)

Added by 奈良 裕記 almost 6 years ago. Updated over 1 year ago.

Status:
回答済
Priority:
通常
Assignee:
-
Category:
UI
Target version:
Start date:
02/05/2017
Due date:
% Done:

0%

Estimated time:

Description

■現象/要望

特定の人の活動状況を追いたい
注目すべき活動をしている人物、要注意人物の活動履歴を確認したい場合はある。(特にRedmine本家)

直近の活動履歴はusersから表示できるが、それ以前の物はRedmineの画面上で表示できない。

自サイトならSQLでJournalを漁れば判るが、adminの余計な仕事が増えるので好ましくない。

■解決策

直近の活動履歴(十数件)は、チケットの担当者からリンクされるプロフィール画面内に表示されているが、それ以前のものは表示されていない。
以前の活動履歴を示すリンク等は無い。

ここで、「活動」のリンクをクリックすると、その人の過去の行状を表示するactivityのページに移動する。1ページに収まらない分は、前を表示することでたどれる。

Redmine本家については、3日間隔でactivitiesをダンプする事で対応できた。
https://redmine.tokyo/issues/300?issue_count=188#note-6

■対応状況

標準対応済

■補足

画面表示分より以前のデータがある場合には、以前のデータへのリンク程度表示した方が親切。。
usersとactivityの違いは判るが、それは作る側の視点。

ユーザに過保護な時代に生きているのは事実だろうが、寡黙過ぎ。10年でUI/UXの期待値は大幅に上がった。
設計思想レベルの話。

Actions #1

Updated by 奈良 裕記 almost 6 years ago

  • Description updated (diff)
Actions #2

Updated by 前田 剛 almost 6 years ago

ユーザーのプロフィール画面内の「活動」というリンクをクリックしたときに表示される画面はいかがでしょうか。

http://www.redmine.org/activity?from=2017-02-05&user_id=332

Actions #3

Updated by 奈良 裕記 almost 6 years ago

  • Description updated (diff)
  • Category set to UI
  • Status changed from 新規 to 回答済
  • Target version changed from 未解決 to 標準対応済

ありがとうございますー。
標準機能にあっても、普通の(まともな)ユーザが気付くとは思えませんね。。

Actions #4

Updated by 奈良 裕記 about 3 years ago

ブランク期間があると空白ページの操作が続くので、
数年前の自分の投稿履歴を追いたい時は辛いです。
(良さそうなのを見つけたら自分が既に+1していたことも頻繁)

下記パッチの機能か、一括出力が欲しいところ
https://www.redmine.org/issues/3099#note-6

Actions #5

Updated by 奈良 裕記 about 3 years ago

DBアクセスできれば、SQLで直接出力可能です。

注記分だけを確認する場合の例

select journalized_id,created_on,notes from journals where user_id=1234567;

Redmine本家分履歴取得には不可ですが。

Actions #6

Updated by 奈良 裕記 about 3 years ago

Redmine本家のユーザID単位変更情報取得方法

下記手順で、指定したユーザの過去コメント情報を取得できた。

以下、redmine本家のユーザID=1234567、登録日が2017/1/24だった場合の実施例

1.Redmine本家登録日の確認

redmine.org上のユーザID登録日を確認する。
登録日はそのユーザIDのリンクからわかる。

この登録日より前の活動履歴を取得する必要は無い(単なる無駄)

2.活動履歴一括取得

下記のように、3日単位のユーザID指定した活動履歴取得バッチを作成し一括実行する。
本家登録日より前の日時は検索不要。
指定したユーザIDによる変更のリンクのみが出力される。

curl -o 2019-09-30.txt "http://www.redmine.org/activity?from=2019-09-30&user_id=1234567" 
curl -o 2019-09-27.txt "http://www.redmine.org/activity?from=2019-09-27&user_id=1234567" 
curl -o 2019-09-24.txt "http://www.redmine.org/activity?from=2019-09-27&user_id=1234567" 
...
curl -o 2017-01-24.txt "http://www.redmine.org/activity?from=2019-01-24&user_id=1234567" 

本家サーバ負荷集中を考えると、途中でSleep入れた方が良い。
1回のアクセスに平均1秒程度掛かった。
勿論curlでもwgetでも構わない。

3.変更履歴抽出

上で出力したファイルから抽出する。
"<a href=""/issues/" で検索すれば良い。

コメント

  <a href="/issues/5358#change-86242">Feature #5358: Share Issues Categories for sub-projects</a>
  <a href="/issues/5358#change-92804">Feature #5358: Share Issues Categories for sub-projects</a>

チケット作成

  <a href="/issues/29164">Feature #29164 (New): Make the terms overwrite from the Redmine administration screen.</a>

4.実際の変更内容確認

上記の検索結果をredmineのURLに繋げれば、過去のコメントを参照できる。

http://www.redmine.org/issues/5358#change-92804

5.補足

多数のIDを一括調査したい場合は、user_idの指定無しで取得し、後からテキストを処理することも可能。(各注記は、下記形式で記録出力されている)

但し、本手順は、3日単位のactivities取得で、取りこぼしが無いことを前提にしている。
指定した3日間の途中で1日に10000件のコメントがあり、途中で1日分のデータが欠けたような場合は、欠測する。
(この現象が実際に発生するかは未確認)


  <dt class="issue-note  ">
  <img alt="" class="gravatar" default="identicon" rating="PG" src="http://www.gravatar.com/avatar/5afa0b3a91d287fdf8b248a118a3975d?rating=PG&amp;size=24&amp;default=identicon" ssl="false" title="" />
  <span class="time">05:09</span>
  <span class="project">Redmine</span>
  <a href="/issues/29482#change-93846">Patch #29482: Query system for Projects page</a>
  </dt>
  <dd class=""><span class="description">+1<br /></span>
  <span class="author"><a href="/users/151432" class="user active">Yuuki NARA</a></span></dd>

Actions #7

Updated by 奈良 裕記 about 3 years ago

  • Description updated (diff)
Actions #8

Updated by 奈良 裕記 about 3 years ago

  • Subject changed from 特定の人の活動状況を追いたい to 特定の人の活動状況を追いたい(Redmine本家含)
  • Description updated (diff)
Actions #9

Updated by 奈良 裕記 about 3 years ago

  • Description updated (diff)
Actions #10

Updated by 奈良 裕記 over 1 year ago

  • Description updated (diff)
Actions

Also available in: Atom PDF