Project

General

Profile

QA #1083

Redmineの通知メールで他の宛先が表示されなくなった(Redmine4.0以降,仕様変更)

Added by 奈良 裕記 4 months ago. Updated 8 days ago.

Status:
新規
Priority:
通常
Assignee:
Category:
-
Target version:
-
Start date:
02/25/2020
Due date:
% Done:

0%

Estimated time:

Description

■現象/要望

Redmineの通知メールで他の宛先が表示されなくなった(Redmine4.0以降)
https://redmine.org/issues/26791

内容によっては、他の誰に通知されているか確認必要な場合もある。
Redmine3.4の時は、他の誰に送信されたか、通知メールのTo/Cc欄から判ったが、
4.0以降ではチケットを確認する必要がある。
個人設定で「すべて通知」にしている人への送信分は、チケット上から確認できない。

■解説動画

本件の解説動画をYoutubeに公開しました。併せてご覧ください。
https://www.youtube.com/watch?v=gelzsC5N70E&t=549s

■解決策

メールの個別送信自体には問題ない。
同時通知先をメールから直接確認できなくなったのが不便なだけ。

従来のTo/Cc(watch)をメールテキスト先頭に付けるオプションがあれば良いと思われる。
システム/PJ単位より、個人単位の設定が良いかもしれない。

■対応状況

それなりに要望多かったので本家チケット作成しました。(門前払いでしたが)
賛成の方は、本家下記チケットに +1 のコメントお願いします。

Make other destinations visible in the Redmine notification email
https://redmine.org/issues/33479

■補足

3.Xでは、メール一括送信により他の送信先が判るという副作用があった。(4.0で仕様変更)
これを実質的な機能として利用している場合があったことが、認識されていなかったと思われる。
(メール通知先により対応必要なケースもある)

通知メール上のリンクからチケットを確認すれば判るが、件数が多ければ負担になる。

#1

Updated by 奈良 裕記 4 months ago

  • Description updated (diff)
#2

Updated by 奈良 裕記 4 months ago

  • Description updated (diff)
#3

Updated by 奈良 裕記 4 months ago

  • Subject changed from Redmineの通知メールで他の宛先が表示されなくなった(Redmine4.0以降) to Redmineの通知メールで他の宛先が表示されなくなった(Redmine4.0以降,仕様変更)
#4

Updated by 奈良 裕記 4 months ago

  • Description updated (diff)
#5

Updated by 奈良 裕記 4 months ago

  • Description updated (diff)
#6

Updated by TAKAOKA Yasuyuki 4 months ago

フックアップありがとうございます。うちの環境では、現時点で以下のようなクレームが挙がってます。
  • 他の誰に通知されているのかわからない
    • 送信先のうち、作成者/担当者/ウォッチャーはチケットを確認すればわかるが、個人設定で「すべて通知」にしている人については確認できない。
  • 担当者に個人、ウォッチャーにメーリングリストを指定している場合など、同じメールが複数届く。
  • 通知メールを元にしたやりとりができない
    • チケットに履歴を残したくない時や、裏でやりとりしたい場合有り

他の送信先がわからないメリットも承知しておりますので、設定によって選択できるようになればうれしいです。

#7

Updated by 奈良 裕記 4 months ago

TAKAOKA Yasuyuki さん、コメントありがとうございます。

すべて通知設定、完全に見逃していました。
ご指摘の通り、メール通知のロジックで処理しないと判りませんね。

PJのすべて通知設定、情報管理面からは、制限できた方が良いかもしれません。
各社の情報SECPolicyによるでしょうが、
個人のメールに全部流して、後は追跡困難な状態にすることが好ましいとは思えません。

送信元メールアドレスをシステム用アドレス(サーバ管理者に転送)に設定していますが、
通知メールリプライによる巻き込みが時々あります。

全員返信の場合は無視、システムだけの場合は注意していますが、
4.1に上げたらどうなるかな。。

通知メールの差出人名が更新者名になったので、
メールアドレスに気付かず返信する人も出てきそうです。
(本家5913、設定で従来通りに回避可能)

これだけ多方面で使われると、想定外の影響が出る事は避けられません。
ユーザのフィードバックでスムーズに改善進めばと思っています。

#8

Updated by 奈良 裕記 4 months ago

  • Description updated (diff)
#9

Updated by 奈良 裕記 about 1 month ago

  • Description updated (diff)
#10

Updated by 奈良 裕記 about 1 month ago

同趣旨のチケットは他にもあり、全てWontfixだった
文化差異を感じる。

Other recipients are not listed in To field even if Setting.bcc_recipients is false
https://redmine.org/issues/30787#note-4

If there is a significant request for retaining the information who got the notification
(which in turn would also carefully checked for information leaks),
the list of user could be added into the mail body now.
I personally don't see this as a necessary feature though
(and nobody else I'm aware of implements something something like that for their notifications).

https://redmine.org/issues/30787#note-9

The option was useful because users who got notifications can see who receives the notification (related to #6813).
Although we lost the feature in 4.0, I think we should accept it as a trade-off for #26791.

送信メールが増え過ぎて送信用のGmailのアカウントが送信不可になった。
Mail Notifications] (feature back) allow mails to be sent to multiple recipients at once
https://redmine.org/issues/32781

https://redmine.org/issues/32781#note-3

Indeed, this is the context for everyone who migrated to Redmine 4.*,
but the drawback is not such a huge problem comparing with the problems generated by the initial implementation.

This is your point of view, unfortunately, not mine.
We don't face any problems in 3.4 version (related to mail sending) now we have a huge problem (to use your expression).
Maybe this is a point you do not anticipate while working on #26791.

I find it unfortunate you did not let the choice to the administrator.

Too bad for me, I will look for another solution.

#11

Updated by TAKAOKA Yasuyuki 22 days ago

>奈良さん
本家登録ありがとうございました。
英語も通知メールの仕組みについてもスキル不足な私ですが、
すでに前田さんが同様の提起 をされていたものの、
何が問題なのか解らん、すでに時遅し、という感じで却下、というところでしょうか?

「I find it unfortunate you did not let the choice to the administrator.」に+1です。
ただ、「another solution」はあるかどうか・・・。

#12

Updated by 奈良 裕記 21 days ago

watcher多用している同僚を見ると、現状では4にアップデートし兼ねるのが現実。

関連動画を作成しました。
https://www.youtube.com/watch?v=gelzsC5N70E&t=549s

異文化で行動様式が異なることを痛切に感じます。頭の中にE.T.のテーマが流れてきました。(爆)

#13

Updated by 奈良 裕記 15 days ago

  • Description updated (diff)
#14

Updated by 奈良 裕記 15 days ago

  • Description updated (diff)
#15

Updated by 奈良 裕記 15 days ago

本家に反論上げました。
OSSですから、ちゃんと意見を出すことです。

https://www.redmine.org/issues/33479#note-3

Thank you for your comment.

>Thus, even before 4.0 you couldn't reliably find who got a notification based on the To / CC headers of the mail you received alone.

I understand that it was not a completely accurate contact, 
but The information had a sufficient level of reliability for simple confirmation.

In my judgment,that feature was lost in Redmine 4.0.

Perhaps the way to use the email notification function is different.
#16

Updated by 奈良 裕記 14 days ago

下記2点は別機能として考えた方が良さそう

1.メール通知先が判ること。
 メールのBodyに、送信先の名称のリストを追加することで対応できそう。
 個人設定で選択できれば良い。

2.チケット上でなくメール返信などで直接連絡できること

組織内でこの機能を利用するケースは多いが、これが適切かは、メールアドレスをプライバシー面でどこまで重要と捉えるかにも依存する。
利用形態(組織内利用、不特定多数利用)で、大幅に異なる。
 
人をwatcherに追加してチケット更新すればメールアドレスが一緒に流れてくるのは、
プライバシー面でどうかというのは理解できる。

システムとして選択(組織内利用、不特定多数間利用)でもしないと、両立困難だろう。

#17

Updated by 奈良 裕記 8 days ago

課題追加

メールのTo/Ccを利用してメールの振分けを行っている場合は、
担当者以外でも一律にToで配信されるため、確認するメール数が大幅に増える。
(従来のToは、チケットの担当者、作成者(担当者未設定時)だった筈)

対応手法
X-Redmine-Issue-Assignee が、自分の登録IDに一致するか確認する。
複数Redmineを併用している場合は、X-Redmine-Host、List-IdによるRedmineサーバを識別も必要。

Also available in: Atom PDF